トップ  >  小ネタ  >  「この人痴漢です!」痴漢冤罪の対応方法は逃げる事

                    

「この人痴漢です!」痴漢冤罪の対応方法は逃げる事

2013.10.26 (Sat) |  小ネタ

OZPAオツパ悩

痴漢??そんなもんやったことねーよ!@kobe_masayanです。

痴漢冤罪の対応「一目散に立ち去れ」と弁護士たちが口揃えるという記事を見つけました。お金目的で「この痴漢です!」っていう詐欺が横行していると言いますが、自分がターゲットされてしまった時は・・・。やっても無いのに逃げなくちゃいけないの??(´・ω・`)
「手を握られたら振り払ってでも逃げましょう。裁判で無罪を勝ち取ることはかなり難しい。たとえ裁判で無罪を獲得できても一度傷ついた社会的信用を回復させる困難。それを思えば逃げた方がいい」(ある弁護士)

弁護士がオススメしているのだから仕方が無い。逃げるしか無いのね。でも、それだったら実際に痴漢してから逃げたいです。

痴漢冤罪の潔白を晴らすのは実際にかなり難しいらしい。Wikipedia-痴漢冤罪ではそれとは逆に、冤罪が認められたケースが数通り書いてありました。

その後の調べで証人の証言が食い違い、女と交際相手の男が示談金目当てに男性会社員を痴漢としてでっち上げたことが判明している[4]。

恐ろしいですよ!身の潔白が証明されたから良かった、と言う訳にもいかないんですね。痴漢を否定すると最大23日拘留が待っており、その間、会社や学校には勿論行けない訳です。その時点では容疑者扱いになる為、痛くも無い腹を探られる前に会社は冤罪者の雇用を解雇するかもしれないという訳です。

電車では必ず手を挙げとくようにしましょう。

 



関連する記事

▲次の記事:「あれ?財布落とした!」落し物情報共有出来るサイト発見!落し物.com
▼前の記事:JKの本当の意味、女子高生って意味じゃ無いんだよ。



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map