トップ  >  PC関連・iPHONE  >  GoogleChromeのホームページ(新しく開いたタブ)がUNIFINDERになってしまった時の対処法

                    

GoogleChromeのホームページ(新しく開いたタブ)がUNIFINDERになってしまった時の対処法

2013.10.27 (Sun) |  PC関連・iPHONE

Capture_2013_10_27_12_06_54_25.png

先ほどWindows8にスクリーンショットのフリーソフトをダウンロードした所、勝手にChromeのホームページを変えられてしまうという被害にあった。http://unifinder.net/というアドレスページが自動で開かれてしまう。あのGoogleのホームページに戻すにはどうしたものか・・・

Capture_2013_10_27_12_15_36_96.png

起動時のアドレスをyahooやGoogleを入れてもやっぱりhttp://unifinder.net/になってしまう・・これは・・スパムだ!!やられた!!

という事で簡単に自分の好きなホームぺージに戻す方法が分かりましたのでログっておきます。
ちなみにoCam 14.0というWindows用のフリーソフトをダウンロードするとスパムられました。しかしこのフリーソフトは以前から使用しており、非常に使い勝手の良いスクリーンキャプチャソフトなのです。きっと作者は広告費目的でスパムってしまったのでしょう。気持ちは分かりますが・・パソコン弱者では戻せなくなるような手法で勝手にホームページを変えられては堪りません。

ではでは・・そのホームページを戻す方法とは!簡単です。GoogleChromeの拡張機能に勝手に入り込んでいたんですねーunifinderさん。

無題

設定に拡張機能という項目があります。

Capture_2013_10_27_12_08_44_993.png

この一覧にunifinderという拡張機能がありますので、ゴミ箱ボタンを押して削除しましょう。僕は既に消してしまっていた為、一覧にunifinderはありませんけど。(消す前にキャプチャすりゃ良かった)

Capture_2013_10_27_12_22_44_744.png

治った!もちろん、最初の起動時の画面をyahooにしていればyahooが開きます。いやー一瞬焦った。Windows8って実は自分でも良く分かっておらず、レジストリから消さないとなると・・正直諦めそうになっていました。良かった。簡単なスパムで。あまりパソコンを拡張し過ぎると、また変なスパイウェアに引っ掛かってしまいそうなので、ちょっと自粛します。

 



関連する記事

▲次の記事:爆笑問題田中が「いいとも終了」についてタモリから謝罪を受けた件
▼前の記事:サウジアラビアで女性はクルマの免許が取れない。女性が一斉に車を運転し抗議へ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map