トップ  >  コニシマサヤ・呑みネタ  >  40度の熱が出た!僕なりの悪寒戦慄の解消法と熱は何度から会社休む?

                    

40度の熱が出た!僕なりの悪寒戦慄の解消法と熱は何度から会社休む?

2013.11.03 (Sun) |  コニシマサヤ・呑みネタ

風邪発熱マスク

ど、どど、どーも・・・@kobe_masayanです。先週火曜日から木曜日迄、関東へ出張へ行き神戸へ帰ってきてからは扁桃腺が腫れてしまい発熱してしまいました。特に昨日なんかは40.8度迄熱が上昇、発熱3日目でです。死ぬかと思いました。

熱が38度迄下がっても悪寒戦慄(寒気)がして数時間後また40度前後迄熱が上がり・・・を繰り返し現在は38度弱の熱が継続している状況で落ち着いており、筆を取らせて頂きました。
まず、悪寒戦慄とは何故起きるのか?かなりツライんですよ。ウイルスを除去する為に熱が上昇するのは分かるのですが、極端に体力や気力を奪うあの寒気は何故にやってくるのか?

【家庭の医学】風邪・発熱・悪寒戦慄(おかんせんりつ)

●悪寒戦慄(おかんせんりつ)

悪寒戦慄とは発熱初期に起こる悪寒に加えて身震い(みぶるい)もしくは震え(ふるえ)も起こるもので、骨格筋が等尺性の収縮をすることで生じます。これは筋肉の運動が全て熱転換されるため、体内の自律的熱生産としては効率のよいものです。


という訳で、筋肉が収縮する為に体中に痛みを伴うという訳なんですね。とは言ってもこの3日悪寒戦慄を4.5回繰り返しております。(酒飲んで薬飲んだ時はヤバかった。)

また、40度前後の熱が繰り返して起きるのはインフルエンザの可能性が高いようです。僕の場合は扁桃腺に溶連菌がついており、これは扁桃腺切除の手術を受けないと治らないんだそうです。なので定期的に僕の場合は発熱を繰り返し生きていく事になります。実際に年間に多い時で10回程40度以上の発熱を起こします。

溶連菌に感染している方は扁桃腺を切除する事をオススメします。(手術後は痛いらしい。何も喰えないらしい。怖いのでボクはイヤだ。。

で、実際何度の熱が出れば会社休む?



1位 38・0度

2位 37・6度

3位 37・0度

4位 37・8度

5位 37・4度

6位 37・2度

7位 40度以上

8位 38・6度

9位 38・8度

10位 38・2度

Via:発熱、何度から学校や仕事休む? - ニュースランキング - goo ランキング

やはり38度台が多いのですね。40度以上発熱しないと休まないという強者もいます。ボクは39度かなぁ??早退あり気ですが。37度台なら休む理由も無さそうです。が、熱の温度と体調は比例しないそうなので、「37度で休むとかありえねー」何て言ってちゃダメなんだそうです。あくまで本人の体調次第で決定すべきなんだそうです。

悪寒戦慄・発熱を抑える方法


悪寒が出ている時の対処法|OKGuide[OKガイド]

悪寒を感じるときは、発熱が起こることが予測されるので、安静にすることが大切です。室温を上げることで悪寒が治まるわけではありません。でも、悪寒を感じたときには室温を上げたり厚着をしたり、温かい飲み物を飲んだりして、体を冷えから守るようにすることです。



まさにこの通りなのですが、毛布を6枚被ろうとも悪寒は治りませんでした。(そんなに被って無いけど)そんなんを繰り返す内に、今日の明け方の午前4時頃・・・来たんです。また悪寒が。また40度も熱でるのか・・・ってかまた数時間も苦しい思いが始まるのか・・・。3日間39度の熱が出続けた僕の体力と気力は限界です。手足が痙攣のように震えます。そこで・・「そうだ!いっそ熱いお風呂に浸かろう!という訳でブルブル震えながら浴槽にお湯を張りすがる思いで入浴。知ってはいましたが、入浴中って悪寒が消えるんですよね。通常ならここからシャンプー等してまた寝るのですが、そうするとまた身体が弱りそうでしたので、15分程身体を温めからお風呂を出て身体を拭きすぐにベッドに入りました。

すると、悪寒は既に消滅しており、眠気が・・・そのまま寝ました。

起きてみると、今までに無い程の汗が出ており、着替えては寝て汗をかきを繰り返し、今に至っております。正しいかどうか分かりませんが、悪寒戦慄時の入浴(シャンプーは絶対ダメ!あくまで入浴のみ)はかなり有効的でした。過去にもそんな事したなぁ。。と思いやってみたのですが、もっと早くにやれば良かった。あー後何日くらい熱が続くんだろうか。。。ブログの更新が出来ません(´・ω・`)

 



関連する記事

▲次の記事:【蒲田】なかね屋で美味しい串かつとビールを1人で喰らう!
▼前の記事:お知らせ、東京蒲田にいます



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map