トップ  >  仕事  >  「左様でございますね」の左様の使用者の割合は?以外と便利な言葉

                    

「左様でございますね」の左様の使用者の割合は?以外と便利な言葉

2013.11.04 (Mon) |  仕事

a1640_000071.jpg

@kobe_masayanです。ビジネスライクな会話をする時に以外と便利な「左様で御座いますね」の左様。大きい会社の受付以外であまり聞いた事が無いような気もします。時代劇っぽいけど意外と便利な言葉「左様」 - 仕事で使ってる? という記事にて、みんな”左様”って言葉使ってる?と言ったアンケート調査がされていました。
よく使っている 2.6%
使っている 9.0%
あまり使っていない 32.2%
使っていない 56.2%

という訳で過半数が左様なんて言葉使わないよ、との事です。実際にボクはと言うと結構使ってるんですよねーこれが。ほぼ初対面なクライアントや消費者には「左様で御座いますか」と相槌するだけで丁寧に対応しているように感じ取れます。実際にアンケート調査の使用例として、

「お客さんとの接客中」(29歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・「商談・電話応対のとき」(33歳男性/情報・IT/営業職)
・「仕事相手との電話で」(33歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「お客さまと電話で話すときに"そうですか"と言うのはあまり良くないと上司から教えられたため」(29歳女性/生保・損保/営業職)

要は「そうですか」を丁寧に表現する為の言葉ですので、目上の方とお話をする時には是非使用して欲しい言葉なんですね。しっかりとした印象を相手に与えれます。ちなみに、左様は元々は【然様】という漢字が正解なんだそう。どちらも肯定を表す漢字表現です。

 



関連する記事

▲次の記事:カップラーメンならぬカップ鍋を君は知っているか?
▼前の記事:消費増税間近、土地に消費税はかからない!が、駐車場にはかかる?!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map