トップ  >  食・News  >  デートで使える知識かも?泡立ちの良いシャンパンは高級は嘘、不純物・ホコリから泡がでる件

                    

デートで使える知識かも?泡立ちの良いシャンパンは高級は嘘、不純物・ホコリから泡がでる件

2013.11.12 (Tue) |  食・News

ドン・ペリニヨン <2003>白750ml 専用カートン入 【並行輸入品・箱付】

はいどーも!@kobe_masayanです。ただいま、シャンパンの泡立ちは高級とは無関係というテレビを有吉のデレビで見ました。そこで早速ググると・・・ありましたよ!??? :ちょっと立ち読み『シャンパン 泡の科学』という記事でもシャンパンの泡立ちはホコリや不純物で起きるという事です。
シャンパーニュの泡が、グラスの表面を汚している「ちり」──ごく小さな残骸物から生まれてくるというのは不思議な感じがします。では、いかなる物体も付着してない完璧にきれいなフルートグラスの内壁があったとすると、泡はどうなるのでしょうか。そうした「きれいな」容器に注がれたシャンパーニュでは、泡がまったくたたないのです。

むしろ不純物無しのグラスに注いだシャンパンは泡立ちがしないそうです。有吉のテレビで出演している川島なお美がプロデュースしたグラスでは泡立ちを意識してグラスの底に穴があいているそうです。空気をそこに溜めて泡立ちを良くする構造なのでしょうか。

泡立ちでシャンパンのレベルを決めるのは間違いです。そんな間違いを肯定しようと泡立ちを良くするグラスもでているようですが・・泡立つと気が抜けますのでシャンパンの鮮度や味が落ちます。

是非、清潔なグラスで泡だてず最高のシャンパンを味わって下さい。この知識ってデートで使えるかも??

 



関連する記事

▲次の記事:自問自答してはいけない5つの質問。全て発想の転換でポジティブになろう!
▼前の記事:デューク更家の授業が神になっていた件



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map