トップ  >  子育て  >  100円のリンゴが5個で500円。5X500円の式は学校で間違い「んなアホな!」

                    

100円のリンゴが5個で500円。5X500円の式は学校で間違い「んなアホな!」

2013.11.19 (Tue) |  子育て

ユーロ計算

タイトルで言っちゃってるんでアレですが、100円のリンゴが5個ありました。いくら??計算式を表しなさい。

5X100円=500 は、間違いなんだそうです。かけ算の順序にこだわる教師と出版社の皆様へという記事です。学校の常識は世間の非常識??な時代が来たのでしょうか??
例えば1個100円のリンゴが5個ありその総計金額を求める場合、100×5=500と立式するのが正解になり、5×100=500が不正解になる。わけが分からない? ─ 私も良く分からない。

最近の小学校でも掛け算の順序にこだわっていて、テストにおいて意味不明なバッテンを喰らう事が多いそうです。

無題
Via:かけ算の順序にこだわる教師と出版社の皆様へ

「常に式の意味をしっかりと意識させることが大事である」と書いてあるのだが、わけがわからない。冗談抜きで理解不能なルールが出来上がっているようだ。

大人が誤った教え方をすると一生引きずるんですよね-頭が硬い教育で子供の自信と意欲を喪失させ、子供の頭も固くなってしまいます。

しかも小学校からそんな教育されると・・辛いですよね。塾行ってもテストに赤点つけるのは学校の教師な訳ですから。

 



関連する記事

▲次の記事:アグネス・チャンへユニセフ募金に関する公開質問状を西村博之氏が自身のブログで提示
▼前の記事:Google map衛生写真に殺害少年遺体が発見、削除へ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map