トップ  >  お金のこと  >  スターバックス禁断症状はバカにならない程金がかかる件

                    

スターバックス禁断症状はバカにならない程金がかかる件

2013.11.21 (Thu) |  お金のこと

スターバックススタバ

スターバックス禁断症??!言ってる意味は何となく理解出来ますね。毎日スタバでコーヒーやフラペチーノを買ってしまう人の事でしょう。

スタバ禁断症状はタバコよりもお金が掛かる 年間で16万円もの浪費になる高級嗜好品?という記事になっています。

『スターバックス』を出勤前に買い、また15時の休憩時間にも買う。時としては退社時や残業時にも買う人もいるので多い人で1日3回のコーヒーを買うことになる。

スタバで喉を潤そうと思うとショートサイズのスターバックスラテでも340円いるのだそうです。これを2-3回飲むと優にタバコを吸う人の出費よりも大きくなってしまいます。

このラテを一日2回購入して毎月20日間、12ヶ月で換算するとなんと16万円の出費になるんだとか。

だからってタバコを推進する訳ではありませんがタバコの方が安いやん!(一日1箱の場合)休憩や残業時に1杯のスタバを我慢すれば海外旅行へ行ける程のお金がたまります。

ちょっと・・・って事はやっぱタバコもコーヒーもやめる、若しくは控えるべきですかね。0百円のお金って払える額だけに年間通すと大金になる事が多いですよね。

独身の内は構わない??でも独身のうちにそこをやめてれば他に遊べる視野も広がります。もちろん既婚者も。

 



関連する記事

▲次の記事:3歳と6歳の子どもがいる俺の妻が入院して感じた事。専業主婦舐めたらアカン!お疲れ様です、主婦みんな!
▼前の記事:韓国の新大統領朴槿恵(パク・クネ)の反日、韓国内からも「やり過ぎだ」



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map