トップ  >  お金のこと  >  ネット上の仮想通貨??!ビットコインが話題!

                    

ネット上の仮想通貨??!ビットコインが話題!

2013.11.25 (Mon) |  お金のこと

お金ユーロ

ネット上で扱われているネット通貨、ビットコインって知ってますか??現在、高値で取引されているようです。これは・・儲かる匂い、もしくは手を出しては大損する感じか??仮想通貨ビットコインが話題 バブルの懸念は?という記事を発見しました。

実際の通貨(例えば日本円や米ドル)みたいに中央銀行(日本で言えば日銀)や発行元は無いと言う事です。
ここではとりあえず「仮想通貨」と表記しているのですが、その内実は「仮想」ではなく、ホンモノの通貨と言ってよい存在です。

定義ではパソコンの作業量(計算量)に基づく根拠のある価値で算出されている、と言う事です。平たく言うとPC作業で時給800円だっとしますが、人員が足りなくなるとオファー額(相場)が900円になる相場を”ビットコイン”で具現化していると言う事です。都心部は人手不足や作業量からバイトの時給が高くなるのと似てますね。それを通貨にして形にしたという事でしょうか。

東京にある取引所では1ビットコイン=800ドルを突破し、4ヶ月で8倍以上の上昇となりました。

1ビットコインで働く時間数の定義は無いようです。作業量によると言う事で、スキルが高い程稼げる内容です。実力主義ですので、お金で取引される時間給よりも効率的で優秀な人材を集める事が出来そうです。

作業量の定義は、Bitcoin P2Pベースの仮想通貨 - ビットコインによりますと、この新規ブロックを発見することで得られる報酬はビットコインネットワーク開始から最初の4年で10,500,000 BTC生成されるように調整されている。額は4年おきに半減するため、8年目には5,250,000 BTC、12年目には2,625,000 BTC…となる。、という事です。全く意味不明です。

ビットコインの発行枚数は1000万枚という事ですが、2030年には3000万枚に増大されるとの事ですが、儲け目的でビットコインに投機(投資」するのは危険です。ドル円やユーロ円の取引するのとは規模という意味では訳が違いますからね。

ちなみに通貨単位は”BTC”。日本円”JPY”でアメリカドルは”USD”。オーストラリアドルは”AUD”です。将来FXの項目で増えるかもですね。BTC。

 



関連する記事

▲次の記事:エドウインが経営破たんへ
▼前の記事:明日から東京・千葉へ出張です。



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map