トップ  >  一般ニュース  >  1995年は異常な年。阪神淡路大震災からオウム真理教まで

                    

1995年は異常な年。阪神淡路大震災からオウム真理教まで

2013.11.28 (Thu) |  一般ニュース

1995年 (ちくま新書)

1995年。僕の父親の両親と会社のある長田区は壊滅的な被害を受けました。阪神淡路大震災です。父親の父親、僕の祖父は徴兵され首に銃弾の痕が残る原因となった第二次世界大戦で日本が負けた終戦日は1995年から丁度50週年でした。

オウム真理教が地下鉄サリン事件を横行したのもこの年です。アーケードゲーム全盛期でキングオブファイターズ95(SNK)も流行りました。
そして95年には「新世紀エヴァンゲリオン」、「Windows95」、「次世代ゲーム機」、「プリント倶楽部」、「少年ジャンプ史上最高部数」、「ゴーマニズム宣言連載移籍」など、さまざまな出来事やキーワードが並び、さまざまな人が「オウム」や「若者たちの抱える闇」「社会構造の変化」と結びつけて考えてきた。

また、日本の20歳の人口ピークを迎えたのもこの年です。色んな事があったこの年。神戸に住む僕にとっても95年は忘れられない年ですが、僕が生まれた1983年は日本日本コカコーラのアクエリアスの発売年でもあります。(どうでもいいか)

 



関連する記事

▲次の記事:卵の黄身の色は濃い方が美味しいの??黄色の秘密。
▼前の記事:出前館で出前が期間限定で半額に。主にピザ。



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map