トップ  >  仕事  >  労働環境が過酷な国9位は日本。アメリカは7位で韓国は3位

                    

労働環境が過酷な国9位は日本。アメリカは7位で韓国は3位

2013.12.03 (Tue) |  仕事

Capture_2013_12_03_21_23_09_56.png

社畜、ワーキングプアなどユ○クロや和○民(あ、)にて時間外労働月200時間突破している企業もある日本ですが、労働環境が過酷な国ワースト10 / アジアからは日本が9位で韓国が3位にランクインという記事を発見しました。

最初に感想から言うと、他と比べての話しですが日本って案外、労働時間の過酷度って低いのかも??
10位:スロバキア
年間平均就労時間:1749時間、平均年収:1万9068ドル(約197万円)

9位:日本
年間の平均就労時間:1765時間、平均年収:3万5143ドル(約363万円)

8位:ハンガリー
年間の平均就労時間:1797時間、平均年収:1万9437ドル(約200万円)

7位:アメリカ合衆国
年間の平均就労時間:1798時間、平均年収:5万4450ドル(約562万円)

6位:ポーランド
年間の平均就労時間:1893時間、平均年収:2万3069ドル(約238万円)

5位:ロシア
年間の平均就労時間:2002時間、平均年収:1万5286ドル(約158万円)

4位:エストニア
年間の平均就労時間:2021時間、平均年収:1万7323ドル(約179万円)

3位:韓国
年間の平均就労時間:2092時間、平均年収:3万5406ドル(約365万円)

2位:チリ
年間の平均就労時間:2102時間、平均年収:1万5820ドル(約163万円)

1位:メキシコ
年間の平均就労時間:2317時間、平均年収:9885ドル(約102万円)

日本の1765時間を245日で割ってみますと1日平均の労働時間が7時間と少しという計算に。245日と言うのは365日から年間休日120日を差し引いた計算です。

まー・・・フリーターが多いのと一部企業は1000時間レベル(年間)で時間外残業させてますし、平均値というのもアテにはなりませんけどね。

メキシコが1位で平均年収がたった102万円という事です。そこだけ見るとやっぱし日本は恵まれているのかぁ・・・っと。

参考動画▼

 



関連する記事

▲次の記事:イモを食べたら太りそう・・は間違いで食べても脂肪が増えないイモの魅力
▼前の記事:何故、男性はナース姿の女性に弱いのか?



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map