トップ  >  小ネタ  >  【好感度ダウン】カタカナ英語と四文字熟語は会話に入れちゃダメだぞ!

                    

【好感度ダウン】カタカナ英語と四文字熟語は会話に入れちゃダメだぞ!

2013.12.04 (Wed) |  小ネタ

聞こえない男性・耳

え?なんて??意味が良く分かりませんが・・なんて言えないけど意味わかんねーよ。花澤くんばりのカタカナ英語。良いように言えばビジネス英語ってとこでしょうか。

【対話の達人】四字熟語とカタカナ語、多用は厳禁 Steve Mogi+という記事です。
「モチベーションをあげるには、アイデンティティーを大切にしてあげないと。そうすればパフォーマンスもかなり違ってくると思う」

ちょっと極端な例ですが、英語を乱発する人って年々多くなっているような気がします。IT関連やちょっと頭が良い(と思っている)人達の集まりだと喜ばれそうですので、あくまでケースバイケース(言っちゃった)なのでしょうけど。

「田中君、いいかな。玉石混交なインターネットの情報を安易に取り入れ唯我独尊にふるまう人は、面壁九年の精神を忘れている。君も気をつけなさい」

極端な例で時代と逆行してますが、四字熟語(と言うか難しい言葉)と英語を交えて会話する人は印象悪いようです。間違っても異性(特に女性)の前ではやめておきましょう。

僕みたいになっちゃいます。

 



関連する記事

▲次の記事:現代男性が失ったものとは?お金やプライド・・・僕は男の価値は年収だと思う。
▼前の記事:納豆は加熱したらダメ!納豆オムレツもダメ??



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map