トップ  >  ▼お酒の豆知識  >  二日酔いを治す、解消方法

                    

二日酔いを治す、解消方法

2012.05.03 (Thu) |  ▼お酒の豆知識

タイトル通り自分が毎週5日ペースでおきる二日酔いの治し方、解消方法について説明しよう。これが私なりの特効薬です。(自己流なので真似しないで下さい。)

二日酔いは生命への直接的な被害は無いが、吐き気や倦怠感、頭痛等の倦怠感が伴い、症状が重くなるにつれその時間は長くなります。

私の二日酔いを治す方法は、あまり長時間寝ないというとこから始まります。明日はどうせ休みなのだからパーっとやろうとついつい酒量が増えてしまう方も多いはず。案の定、翌日は昼まで寝て、夕方頃まで気分が悪い・・・これは[昼まで寝た]に問題があるのです。
昼まで睡眠をして何が悪いのだ、と感じる方もおられるでしょうが、別に3、4時間しか寝るなとかそういう意味ではありません。あくまで適正な睡眠時間以上に寝てしまうのは時間がもったいないのです。

起きているのと寝ているのでは、代謝の量が違います。これは、二日酔いから正常に戻る迄の時間の長さに比例します。さらに、どうせ起きたのならば体を動かさないといけません。そこで、シャワーを浴びましょう。42度以上のシャワーが望ましいです。(私は45度を毎日浴びてます)更に、朝起きて一杯の氷水を飲むことです。これは別に氷水でなくても構いませんが、冷たい方がさっぱりします。
シャワーも浴びて、代謝もあがってきたとこなので、後はひたすら常温水を飲みましょう。(常温水が嫌なら冷水でも構いません)体内に残ったアルコールを中和、また体外に排出してくれます。

私は上記をするのとしないとでは、二日酔いが治る時間がかなり違います。

実際に、上記を行わず(行えない程時間が無かった)時は昼を過ぎても口からアルコール臭が消えずに困りました。

二日酔い時に熱いシャワーは健康的に良いのかどうかは分らないので、お勧めはしませんが、私は上記の方法で1時間前後で毎日二日酔いから逃れられています。

自己責任にはなりますが、お試しになってみてはいかがでしょうか?

 



関連する記事

▲次の記事:実家de焼き鳥&エビチリ
▼前の記事:初めまして!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map