トップ  >  男女  >  ストレスが少ない男性がモテるらしい。コルチゾールが関係

                    

ストレスが少ない男性がモテるらしい。コルチゾールが関係

2013.12.23 (Mon) |  男女

男性

何かと男女・モテネタが多い当ブログ管理人の@kobe_masayanです。今回のモテテクニックとは・・・テクニックと言うよりかはどういう男性がモテるかという事です。驚愕!女は「ストレスが少ない男」に惹かれてしまうと判明とい記事を発見しました。
<コルチゾールとテストステロンの分泌量の違いやその組み合わせを分析した結果、コルチゾール値の低さ(低ストレス状態を示す)が、女性が感じる男性の魅力と深く関連していることを発見しました。>

同時にストレスの処理能力が高いとされる事が遺伝子の質の高さ、将来の子供の教育レベルの高さを感じさせる等がその理由とされています。なるほど、こ・・・これは・・・捉え方によっては大人な夜なあんな感じのこんな感じ(察して下さい)の交渉の成功率もあがるのかもですな。

また、ストレスフリーな男性を魅力に感じる時期は排卵期前後だという事です。ストレスは一概あって一理無しですね。ストレスを発散させる方法は遊びに行く・・では無く、僕は「そもそも僕はストレスを感じていない」とあまり深く考えない事が重要だと思います。

それでモテるんだったら・・・良いよね??!!

 



関連する記事

▲次の記事:残業している社員程がんばっている。長時間労働の美学
▼前の記事:ゆで卵の簡単な食べ方。カラを剥かない方法



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map