トップ  >  生活  >  SNSやTwitterで人生が台無しにならない為の八ヶ条

                    

SNSやTwitterで人生が台無しにならない為の八ヶ条

2013.12.23 (Mon) |  生活

Twitter

ツイッターで人生を棒に振らないための8カ条 - という記事を発見しました。一体どういう事なのか?Twitterも然りですが、Facebookやブログ、LINEのタイムラインにもあてはまりそうな八ヶ条でしたので、ログっておきます。
1.ツイートを読み返す

2.人種差別発言は即クビ

3.いつまでも匿名ではいられない

4.ツイートは削除出来ない

5.有名人でなくても首になる

6.冗談でも首になる

7.ダイレクトメッセージとツイートを混同してはいけない

8.それでも不安なら「FireMe!」アプリを

最後のFiremeというのはどんなアプリなのか?直訳すると「俺、首になる!」と言う意味です。言葉の感じからいくとTwitterで発言したコメントを解雇理由にあたるかあたらないかを識別してくれるアプリなんだと思います。恐らくツイート前に判別してくれる・・・のかな?だって八ヶ条に合ったようにツイートは消す事が出来ないですから。

要は酔っ払った時や情緒不安定、感情的になってる時はツイートしない事が肝です。僕はFacebook派ですが(30-40歳はFacebook派らしい)投、ネガティブな発言をした時は大概翌日後悔します。

優しいコメントを貰える事は多いですが、それって表面上ですからねぇ。ネガティブ発言はSNSでは無く信頼ある知人に電話か会って話すのが、やはり一番だと思います。

浅く広くの不特定多数に助けを求めると・・・ロクな事無いようです。確かに、ブログでもネガティブな記事書いた後は良い気分しませんし。(良く書きますけどね)

ニューヨーク市の食品屋台で働いていた若者の場合、近所の会社の社員グループが大量に注文しておきながらチップを置いて行かなかったことに腹を立て、数分後に自分のツイッターアカウントから、この会社を名指しであざけるツイートを投稿した。
ツイッターのフォロワーは約300人。それでも2日後に、客を中傷したとして解雇された。

バカッターも最近有名です。Twitterは時として自分を痛めつける飛び道具になりますので、ご注意を!

 



関連する記事

▲次の記事:クリスマスや誕生日に自分にプレゼントしたことある?
▼前の記事:終わって欲しく無い番組ランキング。いいとも終了を受けて



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map