トップ  >  健康  >  冬ウツ(ウインターブルー)とはなにか?

                    

冬ウツ(ウインターブルー)とはなにか?

2014.01.05 (Sun) |  健康

冬景色

ウインターブルーという言葉を初めて聞きました。その症状「冬ウツ」かも?お薬不要の光セラピーで解決しましょという記事を発見しました。

冬うつとは一体何か??
冬ウツは、日光をあびる量が少なくなることによって、脳内のホルモンバランスがくずれて起こります。主なものにメラトニンがありますが、メラトニンは睡眠をうながすホルモンで、暗いところにいると、たくさん生産されます。

また、セロトニンも、やはり脳内で生産されるホルモンで、気分、睡眠、食欲などに関係するホルモンです。これも日光をあびないと生産がへってしまうのです。

こういった理由で倦怠感や疲労感、引きこもりを引き起こすという事なんだそうです。確かに冬休みって何をするにも億劫になりがちです。単に寒いのが理由では無かったのですね。

投薬療法(抗鬱剤)もあるのですが、光セラピーという治し方っもあるそうです。

光セラピーには、自然の太陽光に近い光を作り出す、特殊なライトを使います。光の強さは5,000〜10,000ルクスで、この光を毎朝30~60分あびるだけなのです! 

どこでこの光セラピー用の機械を手に入れれるのかは解りませんが、医師に要相談といったところでしょうか。どちたにせよ、外に出るのを億劫だと思わず太陽の光を浴びる為に外出をいっぱいするのが一番そうですね!

 



関連する記事

▲次の記事:実写化して欲しく無いアニメ・マンガはどれ?
▼前の記事:タロット占いは本当に当たるのか?



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map