トップ  >  アニメ・漫画など  >  実写化して欲しく無いアニメ・マンガはどれ?

                    

実写化して欲しく無いアニメ・マンガはどれ?

2014.01.05 (Sun) |  アニメ・漫画など

スラムダンク


魔女の宅急便が実写化されたりしていますが、ファンの心理は複雑…実写化してほしくないアニメ・漫画は?という記事を発見しました。これはちょっと気になりますね!
とりあえず記事に書いていたアニメを箇条書きしますと、

・ハウルの動く城

・もののけ姫

・黒子のバスケ

・イナズマイレブン

・スラムダンク

・GIANT KILLING

・ときめきトゥナイト

・ONE PIECE

という訳ですが、ときめきトゥナイトってなに??黒子のバスケは事件以降に知りました。内容は全然分かりませんが。

スラムダンクは確かに実写化して欲しくないかもしれませんねぇ。その理由として、

「あれは漫画だから感動できる。実写化してもあそこまでの感動は生まれないと思うから」(東京・29歳女性)


とは言いつつも森田まさのり先生(代表作:ろくでなしBLUES)作の野球漫画ROOKIESは実写化されましたが、感動シーンをそのままに見事に再現されていましたから。

実際に実写化されると見応えあるかもしれませんよね!素晴らしいストーリーですから。

■『ONE PIECE』
「どう考えてもCG多様になるし、それならわざわざ実写化しなくてもいいと思う。あと、女性キャラクターのプロポーションを再現するのにも無理がある」(新潟・32歳男性)

逆にナミさんを再現出来る最適な女優さんがいるなら色んな意味で見てみたいです。かなぁり際どい衣装ですからね!

 



関連する記事

▲次の記事:気になる記事(2014.01.05)紅白で下ネタ連発しNHKから怒られたくまモン
▼前の記事:冬ウツ(ウインターブルー)とはなにか?



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map