トップ  >  健康  >  体力測定、東京都が全国平均下回る。中高生に顕著

                    

体力測定、東京都が全国平均下回る。中高生に顕著

2014.01.10 (Fri) |  健康

a0003_001621.jpg

東京都公立学校の児童・生徒に対し「体力・運動能力、生活・運動習慣等調査」を行なった結果、平成25年度の東京都は全国平均を下回る結果となったそうです。東京都統一体力テスト、全国の平均を全般的に下回る…中高生に顕著 | リセマムという記事が報道されています。
 平成25年度の全国平均値と比べると、体格は全国と同程度だが、体重に関しては下回る傾向がある。特に、高校では男女全学年で体重が全国平均値を下回った。体力・運動能力調査では、小学5・6年生(女子)の「長座体前屈」、3・5年生(女子)の「50m走」は全国を上回り、「反復横とび」「20mシャトルラン」「立ち幅とび」「ソフトボール投げ」は男女全学年で下回った。中学校は男女全学年で9項目すべて、高校は男女全学年で8項目が下回った。

対象は東京都内の小学校・中学校・高校などに通う児童・生徒の916,893人との事。

うお、凡そ100人です。子供だけで都内は100万人もいるのか。さすが大都会。ちなみに山口県の全人口は144万人です。(老若男女含め)。東京は本当に人口多いですね。(また神戸は市内で150万人です。)

ちょっと話しが逸れましたが、やはり都会な分遊びもデジタルなのだろうか?運動は好きか?というアンケートに対しても年齢が上昇する程に消極的な回答だったと明かしています。

今後は体育に力を入れ、「脳と体を調整し、運動意欲を高めるコーディネーショントレーニングを実施する学校を支援」等のプログラムを取り入れるとの事です。都会っ子の体型はデブが多いのか??!

 



関連する記事

▲次の記事:正月太りの原因は何でしたか?
▼前の記事:職場でやると迷惑な行為、1位は咳やくしゃみがひどいのにマスクをしない



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map