トップ  >  海外・外国  >  北朝鮮ではハンバーガー店が人気らしい!シンガポール資本で北朝鮮に市場参入

                    

北朝鮮ではハンバーガー店が人気らしい!シンガポール資本で北朝鮮に市場参入

2014.01.13 (Mon) |  海外・外国

無題
Via:北朝鮮にハンバーガーブーム? シンガポール資本、割高でも行列


北朝鮮ではハンバーガーショップが人気になっているそうです。北朝鮮にハンバーガーブーム? シンガポール資本、割高でも行列という記事になっていました。

他国のお店が北朝鮮で利益を計上しているとは・・・ちょっと興味深いです。
ちなみにシンガポール資本のお店だという事です。

メニューにはフライドチキンやワッフル、ソフトドリンクなどがあるが、なんといっても一番人気はハンバーガーだ。米国由来の言葉が「御法度」の北朝鮮では、「ミンチ肉入りパン」と呼ばれているという。最も安いもので1個1・3ユーロ(約190円)。

へぇ。北朝鮮が資本主義国家(とは言えシンガポールは独裁国家ですが)の資本でお店を出すのですね。ちなみに北朝鮮の平均年収は日本円でおよそ13万6千円程度という事であり、一般市民はとてもではありませんが食べられる金額では無いという事です。また、支払いはユーロが基本。米ドルや中国の人民元でも支払い可能だという事です。

旅行客目当てのお店なのでしょうか?

シンガポール人投資家が出資するハンバーガー店「三大星(サムテソン)」。店名は、金日成(キムイルソン)主席、金正日(キムジョンイル)総書記ら歴代の指導者を表している。金正恩(キムジョンウン)第1書記も昨年6月に店の一つを訪れ、ハンバーガーを食べたという。

店舗数は北朝鮮ですでに10店舗を超えたそうです。平壌市民に大人気のバーガー店だ、との事です。現地通貨は使用不可のようなのですが、どうやって支払ってるんだぁ??

 



関連する記事

▲次の記事:最近の男性は顔や服以上に爪・ネイルに気を使っているらしい
▼前の記事:フランスで反AMAZON法が間もなく成立。本送料無料を法律で禁止



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map