トップ  >  食・News  >  パン老ける。あなたはご飯派?パン派?パンの遅延型フードアレルギーと美容の関係

                    

パン老ける。あなたはご飯派?パン派?パンの遅延型フードアレルギーと美容の関係

2014.01.13 (Mon) |  食・News

パン

最近の母親達はどうにもパンを子供に食わせる。朝食はパンだ。旦那や先人(ジイジ、バアバ等)達がご飯を薦めても何故かパンです。それがオシャレなのか簡単なのか、自分が好きだからなのか、パンです。

第二次世界大戦の敗戦以降に強制的な小麦粉の輸入量がパンを消費せざる得ない状況となり給食ではパンが配給されるようになった。それが最近のオサレで簡単なパンブームを引き起こしたとなると、それは現代のママが悪い訳では無く、そうしてしまった昔の日本が悪いのだろうと思います。

今、それが間違いであると小麦粉は米に代替したりだとか、米の大切さを提唱しようと政府はもとより健康評論家も世論に放っています。ごはんよりパンを食べているほうが早く老ける!?では、そんなパンの不健康な一部分をフォーカスしていました。

糖質オフダイエットなどで「ごはん」を避ける人もいますが、糖質オフダイエットでは、米ではなく、小麦を減らすことが重要なのだそう。「小麦を精製した、いわば「究極の加工品」である小麦粉で『遅延型フードアレルギー』を起こす人も多い。

この遅延型アレルギーと言うのが厄介で、肌のトラブルや冷え性、代謝の低下(つまり太る原因)を助長している訳なんです。痩せて健康的な肌でいたいなら、やはりお米の摂取が大切なんだとか。(パンであれ米であれ適正な摂取量は守らないと太ります。)

お米と野菜とタンパク質(肉類)をバランスさせる事が重要です。その中にパンは除外した方が、少なくともお肌と冷え性と肥満には効果的だという事が判明しました。

 



関連する記事

▲次の記事:2014年のおみくじは末吉でした。凶でなければオミクジは神社の木に結ぶ必要無し
▼前の記事:最近の男性は顔や服以上に爪・ネイルに気を使っているらしい



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map