トップ  >  小ネタ  >  時速100kmのクルマを両手放しで運転した男、逮捕

                    

時速100kmのクルマを両手放しで運転した男、逮捕

2014.01.14 (Tue) |  小ネタ

Capture_2014_01_14_21_07_50_425.png
Via:Video: Motorist banned after driving with no hands - Telegraph

手放し運転で時速100kmを走行する男が逮捕されました。画像を見てみると両手を頭に組んでいますね・・・。時速100キロで“手放し”運転、頭に両手置きストレッチしていた?という記事です。
このクルマは警察の取り締まり用のカメラに撮影されていた事で罪が発覚したようです。以下、裁判所での証言です。

彼は仕事から家に帰る途中で、体の疲れをほぐすために「ストレッチをしていただけ」だと話し、ハンドルは足を組んで膝を使って操作していたという。

また、脚はブレーキを踏めるよう常にブレーキペダルの上にあったと主張しています。恐らく情状酌量を求めた良い訳なのでしょう。

ちなみに625ポンド(10万円)の罰金と100時間の社会奉仕活動命令が下されたそうです。何だか刑罰が緩いような気もしますが、アウトバーン(速度規制無し)道路だったのでしょうか?両手放し運転は懲役○○年、という決まり事もなさそうですしね。危険運転罪で都度考慮なのでしょう。

映像はこちらで見れます:Video: Motorist banned after driving with no hands - Telegraph

 



関連する記事

▲次の記事:自分を大人だと思いますか?60歳越えの人も「大人とは思わない」。30代僕も自分は大人とは思えません。
▼前の記事:女性はカラダのアソコ(肝臓です)を温めると優しくなれるらしいぞ!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map