トップ  >  神戸で居酒屋・外食  >  もっこす総本店のラーメンは味が薄く不味い、は大きな間違いだった件!旨い!チャーシューの味はもっこすの麺を活かせた味

                    

もっこす総本店のラーメンは味が薄く不味い、は大きな間違いだった件!旨い!チャーシューの味はもっこすの麺を活かせた味

2014.01.15 (Wed) |  神戸で居酒屋・外食



もっこす総本店は神戸市中央区は地下鉄大倉山駅の近く。総本店は他のもっこすより不味い・・・最初に言っておく、でめっちゃ旨い店でした。

最後に通ったのは8年も前でやはり当時は味が薄くまずかったんです。これは僕だけの意見で無く皆が口を揃えていました。しかし、ある時から「そんな事なかったけどなぁ。」と言う声を聞くようになり、「味変わった?」と思い寄ってみた総本店。めっちゃ旨い!という訳で食べる当初は記事にするつもりは無かったのですが、喰って旨かったので急遽写真撮影を開始、記事にしようと思いました。

まー見て下さい。



見て下さいとは言いつつ写真は他店のもっこすと変わらない訳で、しかし、もっこすラーメンはお店によってはチャーシューの枚数が少ない場合があります。通常はもっこすのチャーシューは10枚くらい入っています。チャーシュー麺になると如何程入っているのか・・・ちなみにちょっとチャーシュー残しました。

不味い訳では決して無く、オカズとして白飯とバランスして食べましたが、食べ終わりにまだスープの下にいたんですよね・・・。チャーシュー満足度ヤバイです。



中細麺。以前のもっこす総本店では味が薄いスープだったのですが、リベンジもっこす(今日)のスープはスッキリしつつシッカリした味わい。僕で言う本物です。麺に絡む極上スープはお世辞抜きで一瞬嫌な事すら忘れてしまう見事な食べ応えと確かな味でした。



先ほど紹介したチャーシューです。味は限りなくあっさりで、食べる人によっては味がうすいチャーシューです。が、最近ではこんなあっさりなチャーシュー流行ってますし、コッテリし過ぎたチャーシューは僕から言わせるとギミックです。

ラーメンの本来の味を損なう程の極上なチャーシューは麺で勝負して無いし、そもそもラーメンとして喰えないからです。

ラーメンの旨味を引き立てるチャーシュー、ここにありと言ったのがもっこすでは無いでしょうか?



確実に進化した総本店のスープは来月も無理矢理もっこすに行く理由となりました。もうファンです。絶対に行きます。白飯と麺大盛りで、無料タクアンが僕を動かします。

ちなみに、豚足と野菜から出汁をとっているらしい。通りでしつこすぎずシッカリした味わいな訳だ。もっと言うと神戸のラーメンって京都の第一旭の味を継承しているらしいんですね。上品な味、且つ確実に勝てる関西は神戸の味がブレンドされた神戸が誇れる味になています。

ちなみに創業は35周年です。



関西人はこないしてご飯の上に麺をのせて喰らうんですよ。そしてご飯も喰らう!(正直白飯は若干薄く、スープを追加で飲むのがベター)



こがしニンニクの他にガーリックチップと擦り下ろしニンニクがデフォサービスになっています。ここのラーメン(中華ソバ)は700円ですが、無料サービスが充実しており(タクアンやニラニンニクも無料)、コスパは高いです。

麺大盛りも白飯も各100円と安めの設定です。ガッツリ派程得なのかも?





こがしにんにくとすりニンニク両方入れました。ニンニクってラーメンにかかせない材料です。後ほどクロレッツを大量に噛みました。



麺が無くなる・・・そんなころに発見されたチャーシューは数枚残っています。んーーーー喰えない。もうお腹いっぱいです。麺大盛りで白飯で注文しましたので。勿体無い。。。次は更に替え麺もしたいかも☆というくらいマジで満足したぞ!

ご馳走さーん!また来るぜ!!!!

もっこす 総本店

昼総合点★★★★★ 5.0



関連ランキング:ラーメン | 大倉山駅西元町駅高速神戸駅

 



関連する記事

▲次の記事:寝ても疲れが取れない?!身体に悪い寝姿勢チェックで原因が分かる
▼前の記事:超簡単な温泉卵の作り方!○○のカップで作るとか・・・そんな噂はもう要らない!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map