トップ  >  小ネタ  >  あれ?携帯鳴った?鳴ってなかった・・・ファントム・バイブレーション・シンドロームというらしい。

                    

あれ?携帯鳴った?鳴ってなかった・・・ファントム・バイブレーション・シンドロームというらしい。

2014.01.24 (Fri) |  小ネタ

a0002_010612_m.jpg

ファントム・バイブレーション・シンドローム!!!!ジョジョの奇妙な冒険の必殺技にでてきそうな名前ですね。名前があると知って驚くあの現象1位「携帯のバイブが鳴ったかも:ファントム・バイブレーション・シンドローム」という事で、「あれ??携帯鳴った??気のせいか・・・」という意味らしいです。直訳すると亡霊振動症候群です。

ちなみにファントムは幻影という意味もあります。

これからは「あれ?携帯鳴ったのに・・・ちぇっ。ファントム・バイブレーション・シンドロームかよ!」と言って下さい。

他にも実は名前ついてたの??!という現象名が掲載されていましたのでご紹介です。

1位 携帯電話・スマホのバイブレーションが鳴ったと感じて確認したら、実際には鳴っていなかった「ファントム・バイブレーション・シンドローム」

2位 立ちくらみの正式名称「眼前暗黒感」

3位 居眠り中に体がビクッと痙攣する「ジャーキング」

4位 書店に行くと便意をもよおしてしまう「青木まりこ現象」

5位 テスト前で勉強しなければならないのに、部屋の掃除をしたくなる「獲得的セルフハンディキャッピング」

どれも聞いた事ない・・・広辞苑にのっているかどうかは別として公式な言葉になりつつあるよう。5位の「獲得的セルフハンディキャッピング」はオモシロイ言葉ですね。

自分から率先して勉強をしない目的を作って勉強せず、テスト当日の自分を追い込む様子ですね。嫌なことから逃げたい一瞬で自分を更に負に追い込む様・・それって社会にでてもあるな。。何だか自分を戒めるランキング内容でした。

自分が経験した現象・・ありました??

 



関連する記事

▲次の記事:喃風で姫路名物どろ焼きを喰らう!豚キムチに豚が入っていないトラブルに合うの巻
▼前の記事:心配症なアナタは病気か?強迫性障害の可能性



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map