トップ  >  仕事  >  仕事忙しい!タスク管理を紙(メモ)に書いてみよう!客観的に捉える事が出来て効率アップ!

                    

仕事忙しい!タスク管理を紙(メモ)に書いてみよう!客観的に捉える事が出来て効率アップ!

2014.01.29 (Wed) |  仕事

メモ

今日はアレととアレとをやろう・・社長「コニシ君、今日はアレとアレとアレとアレと・・・エンドレス・サマースペシャル!」という訳で「いつなったら終わるねん!」という業務。しかも遂行出来なければ怒られる。

良くあるビジネス書では「出来ない仕事は断れ」と言いますが実際に上手くいきますか?なぜ、頭で考えるより紙に書き出すほうがいいのか? 日報コンサルタントが教える「紙に書くことで結果を出す習慣術」とう記事にて、極めて重要で簡単な方法が記載されていましたのでご紹介です。
自分の中にあるバイアスの影響を最小限に抑えるには、今日を起きたことを紙に書いて、いったん自分の外に出すことが有効です。

目に見えるかたちにして自分から切り離すと、今日起きたことを客観的に観察できます。その結果、頭の中では「そうに違いない」と思い込んでいたことも、「ひょっとすると勘違いかも」と冷静な判断を下せるようになります。


タスクを紙に書くと一旦客観的に見えますし、社長や上司への弁論も的確且つ誠実に行えます。また、人間30歳過ぎると経験上記憶力が低下します。
※これは弱った訳では無く、記憶量が年功序列で増えた結果。

メモに落とす重要性は記憶も勿論で、あなたの仕事量を客観的に捉え負担軽減するという訳です。

やらなければいけない事、メモに取りその日の内にメモをまとめましょう。きっとでは無く、必ず精神的負担は軽減されると経験上確信していますから!

メモですよ~!

 



関連する記事

▲次の記事:僕の肩凝りの解消法??アテックスのルルドで決まりでしょ!クッション方マッサージ器具の最高峰
▼前の記事:女性より男性が気にしてる!体型 太った垂れたの事情



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map