トップ  >  歴史  >  逆刃刀見つかる。るろうに剣心の刀は実在した??

                    

逆刃刀見つかる。るろうに剣心の刀は実在した??

2014.02.09 (Sun) |  歴史

無題
るろうに剣心の「逆刃刀」? 千葉の旧家で発見、ネット上で話題に(産経新聞) - goo ニュース

るろうに剣心の緋村抜刀斎こと緋村剣心が所持している空想の刀、逆刃刀が実際に発見されました。作者である和月伸宏さんも想定していなかったのでは?こんな刀が見つかるなんて前例が無かったそうなんです!
ここ発見されたのは全長約28センチで刃渡り約22センチと短い小刀。作品中の逆刃刀と同様、本来鋭利な刃があるべき部分に厚みのある峰があり、一般的な日本刀と比べて全く逆のつくりになっている。

殺さずの刀、と言う訳で逆さに刃がある刀。人を切る事が出来ず峰打ちになります。なんとも実用性が無い刀ですが、造りも粗悪だったようです。

「見えない部分(茎)がとってつけたような粗雑さに加え、刃の切れ味を最大限に出すための反りを無視しており、刀としてはまったく合理的でない」と首を傾げる。

また、耐久性も非常に脆弱でありプロの刀鍛冶が作ったとは到底思えない造りになっており、当時の人のジョーク品だったのでは?という指摘もあがっているよう。

るろうに剣心のように使用するとスグに刃が折れてしまう造りの逆刃刀。用途は不明ですが、明治の浪漫譚では無いでしょうか?



 



関連する記事

▲次の記事:そもそも子供はモノの貸し借りが出来る程脳が発達していない、「貸してあげなさい!」は理不尽
▼前の記事:都道府県別バスト(胸)の大きさ。1位は近畿はオッパイが大きい?



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map