トップ  >  健康  >  で?結局コーヒーは身体に悪いの?良いの?美肌効果や肝硬変に効く可能性も

                    

で?結局コーヒーは身体に悪いの?良いの?美肌効果や肝硬変に効く可能性も

2014.02.11 (Tue) |  健康

コーヒー

タバコや酒と同じく嗜好品だと思われがちのコーヒーは胃に悪そう・・砂糖入れて投入病のリスク等も・・なのは有名ですね。しかぁし!一日3-4杯のコーヒーは糖尿病になるリスクを25%も低下する真実が!

コーヒーは体に良い?それとも悪い?意外なトリビア5つという記事を発見。確かに、知り合いの男性は太っていて明らかに肝臓悪そう、糖尿の気もありそうな人が健康診断問題ナッシング!え?コーヒー毎日ずーっと飲んでます。という人がいた。

これは当たっているかも??!お酒や脂っこいもん大好きな人必見ですよ!コーヒーブレイク!

2001年に病気発症状況を検証しました。そこからコーヒーに含まれるクロロゲン酸やカフェインが脂肪細胞を抑制し、肝臓内の酸化ストレスを抑える働きがあることも導き出されています。


糖尿病リスクの軽減から肝硬変や肝臓がんになるリスクも軽減すると言う話しです。MAJIDE、素晴らしい!

毎日3~5杯のコーヒーを飲用する習慣は、認知症になるリスクを65パーセントから70パーセントまでに抑え、さらにアルツハイマーになるリスクを62パーセントから64パーセントまで低下させると伝えました。

老人ボケ(アルツハイマー)にも効くとの事。また、乳がんになるリスクも低下する研究結果も発表されているんだとか。

しかし、これは悪魔で”コーヒー”と言う話しであり、ミルクや砂糖を摂取し過ぎると相応のリスクは発生します。ブラックだから良いという訳ではありませんが、一日3-4杯もラテを飲むとやはり太る原因だと思います。

 



関連する記事

▲次の記事:ニンニク臭を撃退する方法は”酢”だけでは無い!食前予防は牛乳のみ!
▼前の記事:妻が夫より痩せていると仲良くなれる、関係が長続きするという驚きの事実



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map