トップ  >  ▼お酒の豆知識  >  氷で水(酒)が冷たくなる理由、溶けた分しか冷たくならない。BARで氷が大きい理由もそれだ!

                    

氷で水(酒)が冷たくなる理由、溶けた分しか冷たくならない。BARで氷が大きい理由もそれだ!

2014.02.15 (Sat) |  ▼お酒の豆知識

カクテル

BARで頂く酒って超贅沢な気分になれます。ワンショット500-1000円くらいですが、その一杯は高級な和牛のステーキを凌ぐ嬉しさもあり、受け入れ安さもある訳です。バーで出される氷が巨大な理由と言う記事にて、

あなたの目の前に置かれるのは、ひとつひとつ手作業で形が整えられた巨大な氷の下に数ミリのスピリッツが注がれたロックグラス──。ドリンクを注文したはずだったのに、どうやらあなたが注文したのはカップに入れたボウリングボール、だったようです。

うるせーよ!
しかし、この巨大な氷は意味があります。水分が氷で冷却される理由は融解度。つまり、氷が溶けた分しか水分は冷たく、また希釈されない訳です。大きなロックアイスは水と氷の接地面の関係上、クラッシュアイスより融解度が低い訳で、絶妙な水分の吐き出しを演出するのです。

スコッチをはじめとするウィスキーは、水を少量足すと味が開くともいわれているので、希釈が必ずしも悪影響というわけでもなさそうです(スコッチ愛好家が珍しいスコッチを手に入れた時、冷凍庫の氷を無造作に投げ入れるとは思えませんが、水を入れることはあるようです)。


BARの高めの価格設定はアナタへの接待費と店の演出費がこめられている訳で、決して他の店と比べて原価率が低い訳でありません。酒も美味いし。

個人的にBARで飲むモヒートは最高ですね。スーパーで売ってる(300円弱)のモヒートよりも7倍くらい美味い。

しかし、家で飲むボンベイ(ジントニックのジン)は家でも同じ味も楽しめます。

 



関連する記事

▲次の記事:姫路城の工事はいつ終了するのか?予定では平成26年、見学再開は平成27年3月26日迄
▼前の記事:TSUTAYAが雪で半壊してしまった画像



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map