トップ  >  生活  >  消費増税後と増税前、住宅購入額はいくらくらい違うのか?

                    

消費増税後と増税前、住宅購入額はいくらくらい違うのか?

2014.02.16 (Sun) |  生活

マンション家

増税前にバッチシ購入しましたよ!新築☆(自慢です☆)最初言っておきますが、消費税がかかるのは建物のみで土地は非課税です。

3000万円の住宅を購入したとして土地代金が1500万円であれば、残りの1500万円が課税対象。つまり、3%の増税で45万円の増税となる訳なんですねーこれを高く思うかどうか、と言う事なのです、が、35年の金利考えるとやはり増税は相当なダメージかもしれません。

しかし、中古物件であれば場合によっては無課税になるかも??!という事なんですよ!

中古住宅の消費税は、個人から購入する場合もかかるのか? 「消費増税」家計の緊急対策という記事では以下のように説明されています。

会社員など消費税の課税業者ではない個人が売り主の中古物件の場合は、建物にも消費税がかからないことになっている

また、仲介業者が挟んだとしても売りてが同じく個人であれば消費税じたいがかからないと言う事です。

ですので、中古物件を視野に入れている人は今回の増税は気にせずにじっくりと住宅の購入を検討される事をオススメします。また、増税後の方が需要の低下が作用して物件が今より安くなる可能性もある訳ですからね。

以下の記事もオススメです!

家に幽霊が居るかいないかの見分け方

 



関連する記事

▲次の記事:外国人女性から見て日本男性は魅力ある?
▼前の記事:家に幽霊が居るかいないかの見分け方



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map