トップ  >  仕事  >  仕事はデキる人程外食派、自分の感覚を信じて店選びをしている件

                    

仕事はデキる人程外食派、自分の感覚を信じて店選びをしている件

2014.02.17 (Mon) |  仕事

london-123724_640

仕事がデキる人は外食派!仕事デキる=給料高い訳で、単に自炊する理由が少ないのかもしれませんが、仕事のデキる人ほど外食時に「自分の●●を活用している」と判明という記事を発見。

調査によれば、朝食・昼食・夕食について1週間のうちに外食をする頻度をたずねたところ、朝食で1回以上外食すると回答したひとが、一般社員では17.5パーセントだったのに対し、役職者では24.5パーセントでした。

ちなみに、夕食を週三回以上と答えたのは一般社員が15.8%に対し役職者は24.4%だっと言う事です。

実に4人に1人は週三回以上夕食は外食だと言う事です。金の持ちようでは無いのか、と思うのですが、

あなたは食事に関する情報をどのように収集されていますか」と自由回答でたずねたところ、役職者は、「自分の足と舌を信じて」や「歩いていて気になったら」という、自分の感覚で店を選んでいるひとが圧倒的に多かったんです。

仕事がデキる人程にSNSやネットに頼らず自分の足で店を探す傾向にあるらしい。そこを見習ったからと言って役職者になれる訳では無いかもしれませんが、要は自分で成功のプロセスを模索出来る人が成功者になれるんだとは結構感じていますよ。はい。

 



関連する記事

▲次の記事:冷え性に効くよもぎ蒸しパッドは健康的にNGだった?
▼前の記事:コーヒーを飲むと疲れがとれない?ホっと一息・・・は出来ないの?



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map