トップ  >  コミュニケーション  >  人の性格や知能の50%は親からの遺伝、日本人の臆病な気質にも影響か

                    

人の性格や知能の50%は親からの遺伝、日本人の臆病な気質にも影響か

2014.02.20 (Thu) |  コミュニケーション

baby-20607_640

親の背中を見て育つや蛙の子は蛙など、親から色んな要素を受け継ぐと言いますが、これは背中を見て・・の次元では無かった!遺伝なんですね。

性格や知能の50%が親からの遺伝!? セロトニントランスポーターS遺伝子をもつ恋に社会に臆病な日本人という記事からです。

日本の最新の研究発表では、遺伝子が性格形成に関与する率は50%で、これに対し、人と人との人間環境や病気などの物理的環境が関与する率は約30~35%、母親などとの共有環境は5~10%だそうです。また、知能指数ではかられた知的能力の遺伝率もほぼ50%で、「自分に合った環境をつくりだせるかどうか?」も遺伝子が関与しているとのこと。

母親からの共有環境による性格の変化は僅か5-10%だという所が以外です。結構左右されると思うんだけどなぁ。

オカンのせいで性格ひん曲がったわ!と言うのは子供の言い訳なのかもしれません。(このシチュエーションがアルのか無いのかは分かりません)

また、遺伝子の組み合わせで性格が変わるという事なのですが、以下が詳細になります。

◎神経質さに関与する遺伝子
→ S遺伝子だけもつSSタイプ
日本 68.2%
アメリカ 18.8%
→ S遺伝子とL遺伝子をもつSLタイプ
日本 30.1%
アメリカ 48.9%
以上、神経質さに関与する遺伝子をもつ合計は、日本98.3% アメリカ67.7%
→ L遺伝子だけをもつLLタイプ
日本 1.7%
アメリカ 32.3%

  1. L遺伝子=文字数が多い
  2. S遺伝子=文字数が少ない

文字数が短い方が神経質な傾向が強い。

読んでも分からんわ。つまり、日本人の方がやはり神経質な事が遺伝子レベルで見ても分かるという事です。

このデータを見ると無神経な日本人の割合ってL遺伝子タイプの1.7%だけなのね。かなりレアです。逆にアメリカ人は3人に1人が無神経なタイプだと言う事も判明。

よーく見てみると面白いデータです。雑談で使えそう。覚えとこ~。S遺伝子とL遺伝子だけ覚えておけば豆知識で使えそう??

 



関連する記事

▲次の記事:女性の90%がタバコ吸う男とは付き合いたく無い!死亡レベルショック乙
▼前の記事:まいたけダイエット!3ヶ月で7.3kgも。MXフラクションという成分が有効



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map