トップ  >  コミュニケーション  >  人を信用させる方法はオキシトシンの匂いと温かい飲み物にある

                    

人を信用させる方法はオキシトシンの匂いと温かい飲み物にある

2014.02.24 (Mon) |  コミュニケーション

man-162149_640

人を信用させる方法という何だか怪しげなテクニックを発見しました。脳科学的根拠という事なのですが、その内容は深い物がありました。脳科学が発見! 吸うと人を信じてしまう魔法の物質という記事なのですが、肝心なその要素のみを抜粋してご紹介です。

じつに衝撃的です。オキシトシンを鼻から吸引させたところ、金銭取引で相手の言葉をほとんど盲信してしまったのです。その結果、損害を被っても、ふたたびオキシトシンを投与すると、損害のことを忘れてふたたび相手を信じてしまいます。

このオキシトシンという成分の匂いを嗅がす事で人は信じやすくなってしまう傾向にあるという事です。実に恐ろしいですね。

オキシトシン:Wikipedia

臨床では子宮収縮薬や陣痛促進剤をはじめとして、さまざまな医学的場面で使用されてきており、その歴史は長い。

医学的にも証明された幸せホルモンだという根拠も発表されています。肝心なオキシトシンは何処で販売されているのか?

なんと、普通に販売されています。この販売物の信憑性(成分含有率)は分かりませんが、鼻から摂取するのが一番効果があるようです。ちなみに点鼻薬にも採用された成分なんだとか。なんだか薬の信用性をあげるのに持ってこいな気がします。

また、オキシトシン以外に人を信用させる方法とは?

コロラド大学のウィリアム博士らは、エレベーターの中で、「メモを取りたいので、コーヒーをちょっと持ってて」と相手に飲み物を持たせる実験をしました。実験終了後に依頼者の印象について尋ねると、アイスコーヒーよりホットコーヒーを持たせた被験者のほうが、「穏和で親近感があった」と高評価を得ました。じつに単純ですが、温かい飲み物を手渡すと、人柄まで温かく見えて信頼性が増すのです。

単純な事ですが、これは結構効果がありそう。持って上げてるのに何故か心がじわ~ってなりそうですよね。

 



関連する記事

▲次の記事:熊本市の動物園で鹿8頭が逃げる、4頭は園外か
▼前の記事:味噌汁は医者殺しと言われるほど健康的。喫煙者の死亡リスクと癌が発生率も低下してくれる事が判明。



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map