トップ  >  健康  >  しじみは内蔵痛め肌荒れやニキビの原因になる事が判明。え?シジミだけでは酒は解毒されない

                    

しじみは内蔵痛め肌荒れやニキビの原因になる事が判明。え?シジミだけでは酒は解毒されない

2014.02.24 (Mon) |  健康

broncefigur-199196_640
注意!写真と本記事は全く関係ありません。

二日酔い対策や二日酔い後の対策にもシジミが効果的だと長らく信じられてきました。が、具体的にいくとシジミは肝臓負担を増しNGが食品だったのです!実は「しじみ」がむくみや肌荒れの原因になると判明!とう記事を発見しました。

シジミが肝臓に良い訳それはオルニチンという成分が肝臓の解毒運動を助ける、つまりアルコール分解に役立つとされています。ついでにオルニチンは美肌効果もあります。

では何故??オルニチンが豊富に含まれたシジミは肌荒れや肝臓疲弊を起こす原因となるのか??


肝臓では、アセトアルデヒドという毒を解毒する働きがあります。この解毒の時に、オルニチンがアラニンという必須アミノ酸の働きを活性化するため、オルニチンとアラニンの両方がないと、解毒がスムーズに行えません。

アラニンという成分と同時に摂取して初めてオルニチンの効果が発揮されるという訳です。オルニチンって何だか卑猥なイントネーションですね。

しかし、シジミに豊富に含む鉄分は、肝機能が低下している人や胃が悪い人には負担がかかる場合があります。鉄の取り過ぎは健康上危険なため、適量が求められます。

ちなみに、アラニンという成分が多く含まれる成分はカツオだという事です。シジミにもアラニンは含まれているそうなのですが、微弱という事らしいです。シジミからもアラニンをなるべく多く摂取したい場合、砂抜きの際に海水に近い濃度で塩を入れる事がポイントらしい。

なるほど、僕は塩抜きの時にそこまで塩は入れていませんでした。逆を返せばやはりシジミは肝臓にも良いし、肌荒れ防止にもなる訳なんですねー。健康食って知識を持って摂取しないと、逆効果なのが多いです。

ほら、野菜だって野菜ばっかりだと禿げの原因になるって言いますしね。肉も摂り過ぎは肝硬変や癌の元にすらなりますが、適度だと寿命が凄く伸びたりしますから。

 



関連する記事

▲次の記事:キリンが転倒死。っていうかキリンって法律上自宅で飼えるらしい衝撃の事実。
▼前の記事:熊本市の動物園で鹿8頭が逃げる、4頭は園外か



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map