トップ  >  若干愚痴(戯れ言)  >  キラキラ女子のブランディングと夢を語れなくなった日本

                    

キラキラ女子のブランディングと夢を語れなくなった日本

2014.02.25 (Tue) |  若干愚痴(戯れ言)

CSS_csdesagyousurujyosei1292500

キラキラ8時退社って言葉が一時期流行って文句が出ましたよね。

定時あがりは仕事してないみたいだし、21時(9時)迄残業すると社畜感がある、イケてる女子は8時退社がカッコイー!みたいな感じで、すると・・・

「仕事があれば8時以降でも残業するし、キラキラしたいから8時迄残業してる訳じゃない、全然キラキラしてない。」

という意見が散見され、またもゆとり世代が文句の標的になった訳です。ゆとってるから悪いんだろーそもそも、このゆとり・・・じゃ無くてキラキラってネームは誰の為のブランディングなのか?

「キラキラ女子」ブランディングは誰のため? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)

容姿端麗で優秀な自社のキラキラ女子社員を企業PRの一貫として前面に出す。経済紙・誌や業界誌のみならず、ファッション誌にまでその「働き女子」スタイルを押し出すとあって、就活前の学生や転職組にもアピールする意図が見て取れる。

もともとは企業が女性を雇用してますよ、的な企業PRだったようです。しかし、元記事によれば実際は全然キラキラしていないようで、しているのは一部のみで、

なぜって、あの完璧さを見て「頑張ろう」と「元気をもらう」ワーキングマザーよりも、あれを見て劣等感に苛まれるワーキングマザーの方が安定多数だから。

実際キラキラ出来ない女性の方が多い事も事実。んー色んな問題があるな・・・キラキラしたい入社一年目女子のキラキラはただの妄想であり、社畜と化す出来る女性の幸せは何処へ・・・仕事すら出来ない女性は今も多数。

実際にと言うと僕も社畜の1人で家族を守る為に必死です、守りに入った時点で社会の歯車に合うようスプロケットの歯を研ぎ澄ます事だけに必死になった一労働力です。

夢が語れなくたった日本・・・いやー今の子供には継承したくありません。

 



関連する記事

▲次の記事:森林伐採の深刻な状況が分かるサイト「Global Forest Watch」
▼前の記事:赤ちゃんのウンチで作ったソーセージが身体にも良いし美味しいという記事を発見した件



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map