トップ  >  健康  >  肩凝りを治す!ストレッチは愚痴を独り言でこぼしながらやるのがポイント!

                    

肩凝りを治す!ストレッチは愚痴を独り言でこぼしながらやるのがポイント!

2014.02.25 (Tue) |  健康

warrior-pose-241611_640

あー今日めっちゃ腹立つ!どう考えても上司理不尽!頭悪そうな顔しやがって・・・大体あれは・・・と、愚痴をこぼしながらストレッチすると肩凝りが楽になるようなんです!愚痴をこぼしながらストレッチをすると肩こりが楽になる理由「力が抜けやすくなる」という記事を発見しました。

1.立ち姿勢で行います。肘を伸ばしたまま腕をぐるぐると回して、回しにくいほうから行います。例えば、右側が回しにくいとします。

2.今度は、ぶつぶつと愚痴を口にしながら、右腕を回します。ひととおり愚痴ったら次へ。

3.右肘を伸ばしたまま、斜め上方へ腕を挙げて、右腕の付け根や胸部が伸びるようにします。

4.「あ~あっ!」「もう、やだぁ!」といった溜息交じりの言葉を大き目な声で言いながら、挙げた腕を脱力し下します。息が吐きやすい言葉の方が、脱力しやすいです。

マイナスな言葉は運気を下げて(口に出すと自身の脳内がマイナスな持っていこうとするという根拠)しまうということから僕はマイナスな言葉は嫌いなのですが・・いわゆるスポーツでしょうか、身体を動かしながらの愚痴は邪気を体外へ追っ払ってくれる効果があるという事なんです。

運動はストレス発散と言いますが、満を持して運動!という体力も時間も無い方も多いはず。

この愚痴言いストレッチを試してみては?心身共に毒が抜けて肩凝りが楽になる・・・というのはカイロプラクティック理学士の根拠のある方法だ、と言う事です。さー今日はブログ執筆もここまでにして愚痴吐くかー!ストレッチして(´・ω・`)

マッサージチェアはダメかな・・・

 



関連する記事

▲次の記事:2006年に破綻した夕張市職員のボーナスの増減が決定へ
▼前の記事:森林伐採の深刻な状況が分かるサイト「Global Forest Watch」



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map