トップ  >  ▼料理  >  舞茸のタンパク質が魚肉ソーセージを壊してしまうらしい。

                    

舞茸のタンパク質が魚肉ソーセージを壊してしまうらしい。

2014.02.27 (Thu) |  ▼料理

20140227211339
Via:デイリーポータルZ:@nifty

魚肉ソーセージと舞茸って相性悪いらしい。舞茸で魚肉ソーセージが崩壊した過去 - デイリーポータルZ:@niftyという記事を発見しました。

私が魚肉ソーセージを崩壊させてしまったのは今から6年ほど前。両者を一緒に炒めたことで起きた。
朝いちばんで料理し、炒めてすぐは大丈夫だったのだが残りを夜食べようとしたところ崩壊が起きたのだ。

どうやら舞茸にはタンパク質分解酵素が入っているらしく、タンパク質である魚肉ソーセージを壊してしまったという事らしい。

メーカーによっては壊れない事もあるらしいのですが、歯応えが悪くなってしまう程度で考えると良いのかもしれません。

併せ料理には向かないという事です。詳しくは元記事をどうぞ。

 



関連する記事

▲次の記事:アナタのマウスウォッシュ大丈夫?内臓障害や癌を引き起こす原因になるかもしれない。
▼前の記事:素晴らしい広告【犬が居るのと居ないでは人生が変わる】【いいね!ボタンだけで世の中は救えない】



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map