トップ  >  健康  >  アナタのマウスウォッシュ大丈夫?内臓障害や癌を引き起こす原因になるかもしれない。

                    

アナタのマウスウォッシュ大丈夫?内臓障害や癌を引き起こす原因になるかもしれない。

2014.02.27 (Thu) |  健康

AMI88_tewoatatameru500

毎日口臭予防と口内健康を意識してマウスウォッシュは欠かしておりませんが、無意味でむしろ逆効果!かもしれないと言う。一体どういう事なのだろうか?

 

一部のマウスウォッシュや歯磨き粉には、かなり刺激の強いラウリル硫酸ナトリウム(ドデシル硫酸ナトリウム)が含まれている。この成分は、シャンプーなどの主成分としてよく使用されているアニオン界面活性剤の一種で、高い洗浄力を誇り、かつ安価に製造できるのが特徴だ。

このラウリル硫酸ナトリウムはアレルギー反応を引き起こす可能性があり、体内に染みこむと厄介な事になる。ハミガキで傷がついた歯茎や唾液とともに喉を通じて体内へ侵入する訳です。

マウスウォッシュを使用することで確かに殺菌効果はあるが、病原菌が口から体内に入ることを防ぐ役割をする常在菌まで殺してしまい、人間の本来持っている防衛機能が低下する恐れもある。殺菌効果の高い商品に至っては、長期間使用すると歯の表面を溶かしたり、歯茎に炎症を起こすといった症例も報告されている。

もちろん、悪い所だけで無く、実際に口内殺菌が行える為良い部分もあるのですが、先ほどお伝えしたラウリル硫酸ナトリウムが含まれているかどうかだけでも確認したらどうだろうか?

僕が使用しているマウスウォッシュ、GUMには含まれていませんでした。

 



関連する記事

▲次の記事:【速報】北朝鮮が日本海に向けて短距離ミサイルを4発発射
▼前の記事:舞茸のタンパク質が魚肉ソーセージを壊してしまうらしい。



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map