トップ  >  スポーツ  >  イチロー死球もデッドボール判定されず捕手が爆笑

                    

イチロー死球もデッドボール判定されず捕手が爆笑

2014.03.04 (Tue) |  スポーツ

k-bb-0304-0012-ns-big

イチローが所属するヤンキースのオープニング戦でイチローがデッドボールを喰らいました。が、デッドボール判定されずそのまま打席に立つ羽目になったそうです。

イチロー死球と判定されず「捕手が爆笑」 - MLBニュース : nikkansports.com

4球目の変化球がワンバウンドして右脚に当たった。しかし球審は死球と判定せず、イチローは「ルールが変わったのかと思った。(ボールの判定に)捕手が爆笑していました。際どいとかいうのではなかったからね」と苦笑いするしかなかった。

この打席では結局フォアボールになり出塁したそうですので、結果は同じような感じにおさまりました。ちなみに患部は少し腫れているが軽傷であるとの事。

審判って自分が間違ったと分かっても絶対に認めてはいけない暗黙のルールがあるんですよね。確か。

今では昔程野球に興味はありませんが、少し面白かったのでログっておきました。

 



関連する記事

▲次の記事:無給無休の専業主婦の怒り爆発!夫から給料が支払われる事になったが結局赤字。
▼前の記事:若い内は苦労は買ってでもすべき、は間違いだった。厳しいの意味を間違えた現代社会。



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map