トップ  >  食べる  >  中年がステーキ等の動物性タンパク質を多く摂取するのはタバコと同じくらい害らしい。

                    

中年がステーキ等の動物性タンパク質を多く摂取するのはタバコと同じくらい害らしい。

2014.03.09 (Sun) |  食べる

beef-20678_640

食の欧米化が日本人の寿命を伸ばした、肉を喰うようになりつつも健康的な日本食も同時に摂取する事で長寿大国になったと言われています。中年の方ご用心! 肉とチーズたっぷりの食事はたばこと同じくらい体に悪い!! - という記事を発見。歳をとってからの肉は危険か?

ミートソースにチーズをたっぷりという食事は、たばこと同じくらい健康に害をもたらす―。何ともショッキングなニュースが米国から届いた。レポートによると、中年になってから動物性たんぱく質を多く含んだ食事を摂ると、がんで死亡するリスクが4倍になるのだという。

動物性タンパク質といいうのは成長ホルモンコントロールし身体の成長を助ける効果があるといいます。しかし高齢になるにつれ、成長なんてしませんもんね。この弱体化した身体に動物性タンパク質は害になるんだそうです。

ところで中年って何歳からなのか?僕はもうすぐ31歳になるのですが、もうダメ?若く無い?中年ですかぁ?(´・ω・`)はい、30-40歳迄が中年なんですよ。

ちなみに初老は40歳からと、以外に早いです。恐らく昔の日本の寿命(50歳くらい)からの定義なのかもしれません。

 



関連する記事

▲次の記事:謝らない男の心理。非を認めない男の謎と答え
▼前の記事:恋人と付き合う時に告白した?アメリカでは告白せずに付き合うのが一般的



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map