トップ  >  健康  >  缶コーヒーは眠くなる事が判明。血糖値が乱高下して不安定な状態にも

                    

缶コーヒーは眠くなる事が判明。血糖値が乱高下して不安定な状態にも

2014.03.13 (Thu) |  健康

a0002_003121

気分転換や休憩時についつい買ってしまう缶コーヒー。あれって小遣いの割合を考えると高いんですよねー地味に。120円のジャブが。え?意外…缶コーヒーを飲むと「逆に眠くなる」ことが判明!という記事を発見。

リラックス目的で買っていた缶コーヒーもまさかの逆効果です。

缶コーヒーによる一時的な覚醒効果が切れると、再びコーヒーや甘いものに手を伸ばしたくなりますが、そうするとますます悪循環。血糖値の乱高下を繰り返すことでついには血糖値の調整が効かなくなり、いつも頭がボーッとする低血糖症になってしまいます。

なんせ缶コーヒーが血糖値を著しく低下させる事が疲労感の原因になる事が分かっています。

また、微糖などと言った類の缶コーヒーは逆に凄い量の糖類が入っている事も。飲むなら無糖のコーヒーが望ましい所です。

 



関連する記事

▲次の記事:iPhoneの指紋認証がiOS7.1から劇的に改良されていたぞ!指紋認証がほぼ完璧に
▼前の記事:【ネタ】AcerのノートパソコンをMacBookみたいにしてみた!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map