トップ  >  健康  >  酒は飲む程にご機嫌だ♪飲むほどにキレイになれるとの見解も

                    

酒は飲む程にご機嫌だ♪飲むほどにキレイになれるとの見解も

2014.03.27 (Thu) |  健康

酒カクテル

酒呑みは肝臓悪くして肌の色が黄色くなって・・・寝不足の原因で肌もこりゃまた荒れる原因だ。確かにその通りです。が!ビールorハイボール?宴会続きでも「飲むほどキレイになれちゃう」お酒の選び方4つという記事を発見しましたよ。お肌がキレイになっちゃうお酒とは?

そんな難しい事じゃない!例えばビールです!

醸造酒が発酵食品とはいえ、殆どのお酒が出荷前に加熱処理され醗酵が止まっています。乳酸菌などの有用菌は、たとえ生きたまま腸に届かなくても腸内で善玉菌のエサとなり腸内美化に貢献してくれるのですが、どうせなら美腸力の高いぷるぷる生きた有用菌の含まれたお酒を飲みたいですよね!

その美肌効果がある酒は先ほど言いました生ビールでございます!他に生ワイン(ってなに?)やマッコリなど。所謂、非加熱処理なやつでございます。(瓶ビールって今は非加熱なのかな?)

お肌を健康に保つビタミンB群が含まれた生ビールがおススメ。

お・・おぉ!やはりビールは我らの救世主ですよ。ビールの炭酸は腸の動きを活発化させるとの事です。

それが助かってか知りませんが、僕も含めビール飲兵衛の翌日はお通じの量が多いという意見を良く聞きます。また、ビールは実際のカロリー数値は高め(200kcal弱)ですが、汗や排尿でそのカロリーはほとんど消化される!・・という説もあります。

太るのは良く言うおつまみが原因なんだというのは有名な話しですよね。

美容の為にビールなら自己弁護の意味では十分過ぎます。今から明日から呑みましょう!毎日ビール!

 



関連する記事

▲次の記事:平均年収は408万円、男性のみだと502万円で女性のみで268万円
▼前の記事:ドル円ストップオーダーは101円台か、外国為替証拠金取引(FX)



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map