トップ  >  生活  >  キオスク(東日本ではキヨスク)西日本は半分ほどセブンイレブンに移管へ

                    

キオスク(東日本ではキヨスク)西日本は半分ほどセブンイレブンに移管へ

2014.03.28 (Fri) |  生活

20140328230434
https://flic.kr/p/5CtG8h

JR西日本はセブンイレブンと業務提携すると報じられています。(1/2) 首都圏の駅から消えゆく「キヨスク」 コンビニへの衣替えや「無人店」にという記事です。ちなみにローカル情報ですが、神戸市営地下鉄のコンビニはUラインショップからすべてファミリーマートに移管されたのは数年前です。

  関西でも2014年3月27日、JR西日本とセブン―イレブン・ジャパンの業務提携が発表された。JR西管内の1222駅にある売店およそ500店舗を、今後5年間かけて「コンビニ型」の新店舗に置き換えていく。2014年6月上旬には、京都駅や博多駅などで5店舗をオープンするという。

キオスク、嫌いじゃ無いですけど、むしろセブン-イレブンは僕のコンビニ満足度第一位のツワモノです。これは結構うれしいかも。

セブンイレブンは品数豊富で痛い所を上手い事付、何故か若干安さが感じられる。これはセブン&アイホールディングスのパワーによるPB商品の充実さが功を奏しているのだと思います。

西日本でのコンビニ利用はこれからセブン-イレブンがグン!と伸びそうですね。ポイントカード作った方が良いかも??ちなみにそのポイントカード、セブンネットでお得に使えます。AMAZON程では無いですが結構使えるサイトです。

セブンネットショッピング

 



関連する記事

▲次の記事:水は飲むから食べるの時代へ。ペットボトルが再利用されないなら直接水を喰え!
▼前の記事:ニジマス、鮭と言って問題なし。社会的に定着している。



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map