トップ  >  食べる  >  早く食べると太るは間違い?!ゆっくり食べると太らないは間違い。ダイエットなど健康的な適正時間は?

                    

早く食べると太るは間違い?!ゆっくり食べると太らないは間違い。ダイエットなど健康的な適正時間は?

2014.04.02 (Wed) |  食べる

breakfast-179024_640

早く食べると太りますよ~。ゆっくり噛まないと消化に悪いから太るんですよー。その通り、でも無いらしい。「ゆっくり食べると太らない」は間違いという記事を発見しました。

良く噛んでゆっくり食べると血糖値が上がる速度に間に合うように食べれるんです。どういう訳?それは、満足度がゆっくり食べた方が得られるという説です。

良いですか?あくまでこれは一説なんです。

なぜならば私たちの満腹感は血糖値だけじゃなく、『胃に詰まった食べ物のかさ』でも感じます。胃に食べ物が入ってくると、胃や腸の運動が活発となり、約10分後ぐらいから胃の中の食べ物は十二指腸から小腸へと送り出されていきます。

当然でありますが最終的にも最初も胃のかさで満腹感は決定します。厳密に言うと満腹中枢と言う奴ですね。

フルコース料理を食べるときは、食べ物を少量ずつ盛った皿が何枚も2時間以上かけてゆっくり出てきますよね。フルコース料理は、フレンチだとだいたい1500~2000キロカロリーあるといわれているのですが、これは成人の1日分に必要な摂取カロリーに相当します。あのコース料理の皿がデザートまで含めて、一度に出てきてしまうと、多分普通の食事量の人なら、半分~3分の2ぐらいしか食べられないでしょう。

これは太る原因になる。つまり、早食いだから大食いというのが一概で無いのですね。

適正な食事の時間は20-30分だと言います。世知辛いですからねー守れないですよ。しかし、健康の為に意識的に食事はゆっくり適正にとりましょう。

 



関連する記事

▲次の記事:石田純一が実息子のいしだ壱成とDNA鑑定へ。意図は何なのか?
▼前の記事:Googleマップに野生のポケモンが出没?!期間は4月2日まで18時までじゃ!



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map