トップ  >  健康  >  心療内科と精神科の違い。ストレスケアはどこへ行けば良いの?

                    

心療内科と精神科の違い。ストレスケアはどこへ行けば良いの?

2014.04.07 (Mon) |  健康

手ストレス

最近仕事へのストレスを感じ始め、お恥ずかしながら”心療内科 ストレス”とググってしまいました。精神科や神経内科など、適材適所な診療所があるんでしょうけど、実際に僕らって何処に行けばストレスケアが出来るの?

心療内科と精神科の違いってなんなのか、何処へ行けば適切な治療や処方箋(薬)が貰えるのか?

心療内科とは?

まず、心療内科と精神科は全然違います。が、最近では精神科を心療内科と呼称する病院が増えているようです。

心療内科・精神科・神経内科の違い

よく町の開業医(クリニック)で、「心療内科」という標榜がなされていても、実際は精神科である、ということがあります。なぜそうなるのかというと、「精神科」とすると敷居が高く、患者さんが来にくいからということのようです。

ストレスにより身体に症状が起きた場合は心療内科、精神的に辛い場合は精神科へ、と言うアドバイスがなされていました。

心療内科と精神科の違いについて教えてください。困っています。 - Yahoo!知恵袋

本来の心療内科は、ストレス性の胃炎や過敏性腸症候群のような心身症を対象としたものですが、○○心療内科という看板を掲げて開業しているのは、殆ど全て精神科医であり、診療科に精神科があり精神科としての治療を行っています(本来の心療内科が対象とする、心身症の治療が十分に出来ない場合すらあります)。

実際にストレスが原因であろう症状が起きている人は、町医者でしっかりと自分の意思を伝え、大きい病院への紹介状を書いて貰い、ちゃんとした治療を行う必要がありそうです。

僕の知人でも町医者の心療内科に掴まされ(町医者に悪意はなかったと思います)症状が悪化し死ぬ直前までになった人を知っています。

わかったこと。

些細なストレスだ、とは思っても長期間続くのであらば医者に行く必要があります。初期段階(身体に異常が現れる前)ならば薬で感情をコントロール出来ますし、それはある一定の期間の投薬で済みます。

もしも、身体に異常が出ると一生付き合っていかないといけない病気になるかもしれません(これは半分脅しです)。脅しですが、病院に行けばその可能性は低くなる訳ですから、初期の段階で少ない時間と費用の投資で健康が手に入る、と思えば会社に嘘ついてでも、病院に行くのも一つの手です。

限りある人生ですから楽しい時間は自分で掴み取りましょう!僕もがんばります(´・ω・`)

 



関連する記事

▲次の記事:厨二病(中二病)ならぬ大二病カップルとは?
▼前の記事:消せるボールペンで不正続出!残業代を水増し請求で横領する公務員



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map