トップ  >  生活  >  近所で見るタンポポは在来種と外来種が混在するらしいぞ!全国的なのは外来種

                    

近所で見るタンポポは在来種と外来種が混在するらしいぞ!全国的なのは外来種

2014.04.15 (Tue) |  生活

たんぽぽタンポポ

僕の子供もタンポポが大好きでフワフワぁっと吹いて遊ぶんですよ。ですがこのタンポポ、在来種(日本産)外来種(西洋産)があるらしい。在来種と外来種で違う! 2種類のタンポポの見分け方と豆知識という記事です。

北海道や東北地方のエゾタンポポ、関東地方のカントンタンポポ、シナノタンポポは長野県、山梨県の山間部に、中部地方南岸はトウカイタンポポ、西日本にはカンサイタンポポとシロバナタンポポなどがあります。

これ以外の地域があてはまるのか、どうか一概に言えませんが、これ以外のタンポポは外来種(外国産)なんだそうです。外来種は日本の生態系を崩す可能性があると言うのが一般的な考えですが、タンポポの世界でもそれってあてはまるのか?

セイヨウタンポポや雑種は単体生殖ができる種です(受粉する必要がない)。しかし、それでいて花粉も作りだすこともできるため、在来タンポポと受粉でき雑種ができあがるのです。

確実に日本のタンポポに影響はしているようですが、そこまで憎める奴でも無いんだそうです。日本のタンポポはやはり弱く雑種繁殖無しでは減っていく一方なんだそうです。

もし外来種のタンポポが日本に入ってきてなければ日本のタンポポは珍しい花となっていた可能性も指摘されています。

それにしても・・知らなかった。タンポポまで外来種がいたとは。

 



関連する記事

▲次の記事:失恋ボックスが世界を救う!恋の終わりが世界を救う。
▼前の記事:無料でExcelやワード。Chromeアプリランチャーから直接アクセス



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map