トップ  >  コミュニケーション  >  母の日の予算は5000円未満、2014年は上昇傾向。誕生日と比べてどちらが出費多い?

                    

母の日の予算は5000円未満、2014年は上昇傾向。誕生日と比べてどちらが出費多い?

2014.04.22 (Tue) |  コミュニケーション

母の日花

5月8日は母の日です。みなさん予算はお幾ら万円??(言い方古い?)『母の日』の予算、減少が続いていた「7,000~1万円未満」が今年は増加 という記事です。なに?上昇傾向とな(;・∀・)僕は・・・懐事情は厳しいのだが、相場っていくらくらい??

日比谷花壇は22日、「母の日コム 贈る人もらう人アンケート2014」の結果を発表した。それによると、母の日にかける予算は「5,000円未満」との回答が7割弱を占める中、減少が続いていた「7,000~1万円未満」が今年はやや増加したことがわかった。

いつの日も5000円未満が相場のようです。案外低いんですねーって僕も近年は5000円前後が相場です。独身の頃は・・最高額はGUCCIの財布を渡したのを覚えてますが、独身時代です。

ちなみに7000円から10000円は今年9.3%、前年は7.8%となっており、若干増えた程度となっており、大まか10人に1人は1万円前後を母の日に使っているという計算となります。

なんだかなー渋いような気もする。母の日以外にも誕生日もある訳ですからある意味仕方無いですが、では誕生日(母向け)はお幾らくらいが予算??

父親・母親へのプレゼントでは、10,000円前後が圧倒的に多いのが特徴です。

両親にとっては、子供の負担にならない程度の贈り物の方が、貰う側としても安心できて嬉しいようです。

Via:父親・母親へのプレゼントの一般的な予算について / 誕プレナビ

10000円前後が相場と母の日より高めの設定。なるほどなー年間で10000-20000円は母に使う、同様に父にも使う。妥当でありちょっとした痛い出費という額でしょうか。

さーて、今年は何を買うかな・・・。

 



関連する記事

▲次の記事:ぐっすり眠る女性が抱える本は「不眠症を乗り越える」世の中の皮肉。
▼前の記事:ごっつい痛々しいニュース。座薬に3センチのハリ混入



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map