トップ  >  事件  >  歩きスマホ危険!踏切侵入後死亡事故も。東京消防庁

                    

歩きスマホ危険!踏切侵入後死亡事故も。東京消防庁

2014.04.29 (Tue) |  事件

iPhoneスマホ

歩きスマホで死亡事故などが相次いで発生しているようです。歩きスマホの事故増加=最多の36人救急搬送—昨年、死亡例も・東京消防庁 - WSJ.comというニュースになっています。

13年10月、東京都板橋区で、歩きながら携帯電話を見ていた男性(47)がそのまま踏切内に進入し、電車にはねられ死亡した。

スマホを見ながら踏切に侵入しまう・・・踏切と言う事は交通遮断機もあったんじゃ無いんですかね??どうやって侵入してしまうのか?

踏切警報機や遮断機は設置されていない。地方ローカル線で多くみられ、特に自動車の通行できない道路に多い。

Via:踏切 - Wikipedia

踏切って第1種から4種まで存在しているらしく、第4種に関しては遮断機がついていないようです。これは大変危険ですね。

搬送直後のけがの程度は8割が軽傷だったが、入院や死亡に至ったケースもあった。

10-13年の4年間での事故報告例だけで計122人と以外に少ない数字となっていました。

 



関連する記事

▲次の記事:JTB社員がミスの発覚を恐れ生徒装う「自殺する」
▼前の記事:LCCピーチ(飛行機)病欠で機長確保出来ず大量欠航へ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map