トップ  >  事件  >  JTB社員がミスの発覚を恐れ生徒装う「自殺する」

                    

JTB社員がミスの発覚を恐れ生徒装う「自殺する」

2014.04.29 (Tue) |  事件

旅行会社JTBがバス旅客機を手配する事が出来ずに責任逃れを図った・・・という珍事件です。生徒装い「自殺する」 JTB社員がミス発覚恐れ手紙という記事になっていました。

遠足前日の24日夕にJTB社員から、学校のポスト付近に落ちていたとして手紙が学校に届けられた。手紙に「あしたの遠足に行きたくない。中止しなければ自殺する」と書かれていたため、学校はその日のうちに全生徒の安否を確認、遠足の実施を決めた。

遠足のバス計11台の手配がミスで出来なくなってしまったらしい。バスの手配ミスに気づいた社員が嘘の手紙を生徒を装い学校に送りつけたって訳です。

これはこれで相当な勇気がいったと思うのだが・・・社員は厳重に処分するとコメントされているようです。

 



関連する記事

▲次の記事:日本人男性は全員EXILEメンバーになれるぞ!85年後に(´・ω・`)
▼前の記事:歩きスマホ危険!踏切侵入後死亡事故も。東京消防庁



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map