トップ  >  歴史  >  件(くだん)半人半牛の生き物長崎県出生か

                    

件(くだん)半人半牛の生き物長崎県出生か

2014.04.29 (Tue) |  歴史

530451211-1

みなさん件(くだん)って知ってますか?顔が人間で身体が牛という伝説の妖怪です。

この件(くだん)の出生地が長崎だったと報じられていました。半人半牛の「件(くだん)」は長崎県で生まれていた!? という記事を発見しました。

この件は「名古屋新聞」によると死後剥製にされ長崎の八尋博物館に陳列されている、と記載されているが現在は残されておらず、八尋博物館の閉館とともに消失してしまったものと思われる。

件(くだん)が生まれると災が起きる・・・という事なのです。

記事によるとこ明治39年(1904年)に長崎の農家で生まれ、しばらく生きていた後、生後31日目に「日本は露西亜(ロシア)と戦争をする」と予言し死亡したとされている。
「ロシアと戦争をする」とはもちろん「日露戦争」のことであり、件が生まれた1904年に開戦し1905年に終戦している。

件(くだん)は音声で人とコミュニケーションを取る事が出来たようです。言語は日本語のようですね。

件(くだん)の如し

嘘偽りの無い証言という意味なんだそうです。また、話しを終了させる際に用いる言葉。

嘘偽りの無い証言をする件(くだん)から来たようですが、真意の程は不明のようです。

僕はまるで件の如し。すいません。違うか-

 



関連する記事

▲次の記事:猫になれたらどうする?なゲームを開発中
▼前の記事:世界で一番名前が長い村、完全禁煙へ。ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map