トップ  >  海外・外国  >  ケンタッキーでチキンを買おうとした13歳少年が販売拒否される

                    

ケンタッキーでチキンを買おうとした13歳少年が販売拒否される

2014.04.30 (Wed) |  海外・外国

ケンタッキー

上記の画像は本記事とはあまり関係無く、無料画像サイトで拾った写真です。明らかに違和感を感じる・・・どこで撮影したんだ??

さて、13歳少年がチキンを購入しようとケンタッキーを訪れた所、「お断り」されたというニュース、13歳が「若すぎる」と販売拒否されたものとは - という記事を発見しました。

店側は、少年らがチキンを投げ合うことなどを懸念。事情を知った父親は腹を立て、店側は謝罪した。少年は「ショックだった。チキンが欲しかっただけだったのに」と話している。

外国だからなのか、こんな意見が商売上通用するのでしょうか??日本ならば、リスクの予想は顧みずに、とりあえず販売しますよね。良いか悪いかは別として。

どんな外見やねん(´・ω・`)ヤンキーは構わず販売拒否なお店なのか??海外ニュースって面白いです。

 



関連する記事

▲次の記事:マクドナルドで1枚しかナプキン貰えず男性が1億5千万円の訴訟。他おもしろ訴訟ネタ
▼前の記事:韓国人も言えない「今日定時に帰ります」



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map