トップ  >  ▼虚構新聞特集  >  「虚構新聞特集 呑みネタ]ビックカメラ+ユニクロが合体 「ユニカメラ」オープン

                    

「虚構新聞特集 呑みネタ]ビックカメラ+ユニクロが合体 「ユニカメラ」オープン

2012.09.13 (Thu) |  ▼虚構新聞特集

yunikamera.jpg
久しぶりのヒットが多い虚構新聞さん、今回はビックカメラ+ユニクロが合体 「ユニカメラ」オープンを取り上げてみました。(これは嘘の記事です)
って事で、最近話題になったビックロですが、それの逆をいったユニカメ。おもろいでぇーこの嘘記事!

こちらから記事です!


ビックカメラとユニクロは11日、両社のコラボ店舗「ユニカメラ」を27日、福岡県太宰府市にオープンすると発表した。両社は同日、コラボ店舗「ビックロ」を新宿東口にオープンさせると発表していたが、余った「ユニ」と「カメラ」の再利用先として、太宰府市に左遷店舗をオープンさせる。

 6階建てビルのユニカメラ1階には150台のPCを設置。これらは全て「しまむらオンライン」のサイトにつながっており、ユニカメラ店内にいながら、しまむらの商品が購入できるほか、ユニクロの商品を購入すると、購入額の15%がヨドバシゴールドポイントとして加算される。

 「業種を超えた互いのノウハウを生かす新しいショッピングセンター」を目指すビックロに対し、「互いのノウハウを殺しあう、血で血を洗うショッピングセンター」を目指しているのがユニカメラの大きな特徴だ。

 この日の会見に出席したビックカメラの亀山副社長と、ユニクロの黒田副社長は会見中一度も目を合わせることなく、会場には殺伐とした空気が流れた。亀山氏が「今回の提案は黒田が土下座して頼み込んだので仕方なく受けてやった」と話すと、黒田氏は「斜陽のビックカメラを救ってほしいと土下座したのは亀山の方だ」と応酬するなど、両社の険悪さをうかがわせた。

 一触即発の空気の中、記者から「そもそも同居しなければいいのではないか」との質問が飛ぶと、両氏は「先に出て行くのは相手のほうだ」とお互いに譲らなかった。今後は相手の撤退に向けての持久戦に持ち込まれる見込みだ。

 また、今回のユニカメラオープンについて、ヨドバシカメラの淀橋社長は「両社には思う存分戦ってほしい」と歓迎しつつ、太宰府出店に向けて、両社の動向に目を光らせている。


あはは 笑

毎回面白い記事を飛ばしますねーUKさん!少し前までは、記事の質が落ちた?と思ってたのですが、最近はまた快進撃を飛ばしてます!

蚊帳の外のヨドバシを上手く記事に取り入れている内容が粋ですし、ちゃっかし業績低迷な電化業界の申し子のビッグカメラを皮肉っている、案外、頭を使ってるこの虚構記事。ブログを書く時の参考にさせて頂いています!(嘘は書いてないよいつも!多分)

 



関連する記事

▲次の記事:ご縁喜さくで凄い旨い和食で焼酎を喰らう。イクラと鯛の土鍋飯がやばい。
▼前の記事:女のプライドが傷つく言葉!言っちゃう男が悪いと思う・・・



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map