トップ  >  経済  >  景気回復基調で人員不足、時給1375円でも求人難でかつての派遣切りとは一変

                    

景気回復基調で人員不足、時給1375円でも求人難でかつての派遣切りとは一変

2014.05.05 (Mon) |  経済

すき家

そんなに旬なネタでも無いのですが現在はアルバイトの求人難です。スタバ等の大手チェーン店がバイトから正社員に登用するなど、かつての派遣切りの世の中とは一変しております。

「(午後)9時半がラストオーダーです。入り口を閉めるので、裏口からお帰りください」。東京都心にある牛丼チェーン店「すき家」の店員は、食事中の客にこう告げた。通常24時間営業だが、3月下旬から午前9時~午後10時に短縮した。

Via:人手不足:景気回復で奪い合い 時給1375円も求人難 - 毎日新聞

時給が1400円弱となると下手な正社員よりも時給高いです。僕の時給も同じ位だお(´・ω・`)手当でなんだかんだで10万円くらいありますので、そこはバイトと違う所ではありますが・・・

厚生労働省が同日発表した3月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.02ポイント上昇の1.07倍と、2007年6月(1.07倍)以来、6年9カ月ぶりの高水準となった。

Via:有効求人倍率は1.07倍、6年9カ月ぶり高水準--3月、完全失業率は横ばい | マイナビニュース

どういう事かと言いますと求人数が求職者数を超えたと言う事です。これはかなりの高水準であり、求職者は職業をある程度選べる時代になったと言う訳。

その為、企業では非正規社員から正社員へ、等の労働力の確保に躍起になると言う訳なんですね。そうなるとベア(ベースアップ)つまり給料の上昇にも繋がると言った構図に繋がる訳です。

失われた20年はようやく転換期を迎えようとしているのか?転職するなら今かもしれませんよ!

 



関連する記事

▲次の記事:脇汗や不快なアンモニア臭は自作のミョウバン水で撃退だ!100円で出来る匂い対策
▼前の記事:男性って奴はなぜ告白しないのか?好きの代替の言葉。逆にすぐに好きと言ってくる男性は危険かも?



呑みネタの中の人


神戸市在住のブロガー。皆様にとってどうでも良い事、僕にとってもどうでも良い事をお届けします。好物は石原さとみと焼酎。

Google+

Map